糖尿病の治療は生活改善からSTART|病気との闘いにKO勝ちし隊

医者

詰まった腸の原因

食べ物を口から摂取し、胃から大腸までの消化器官を通って栄養素を吸収するように身体は作られています。栄養を吸い取られて不要になったものは便として体外へ排出され、消化液の同様に不要分は便と共に排出されていきます。しかし、腸が圧迫を受けて捻れてしまったり、大腿ヘルニアなどの脱腸や内ヘルニアによって腸が詰まってしまうと腸閉塞になってしまいます。腸が捻れたり詰まったりする原因にはその他にも様々なものがありますが、腸閉塞を起こしてしまうと便として排出されるはずの内容物が腸内に留まってしまうことになります。腸が詰まることでお腹が張り、腹痛をもたらします。また、肛門へと正常に向かうことができずに行き場を失った内容物は、出口を求めて逆流してきます。吐き気や嘔吐、腹痛は腸閉塞のポピュラーな症状だと言えるでしょう。

腸閉塞の症状はじわじわ感じるのではなく突発的に起こります。腸が詰まり、限界に達したときにいきなり腹痛や嘔吐の症状が現れるのです。疝痛発作(せんつうほっさ)と呼ばれる、痛みと緩和と交互に繰り返す腹痛が起こります。嘔吐するものも、最初は胃液や胆汁といった、比較的口に近い消化器官からのものですが、症状が進行して悪化してしまうと小腸や大腸に留まっている内容物が逆流してきます。便と同じような色や臭いをしており、その臭いで更に吐き気が起こってしまうこともあります。血管が通っている腸間膜にも被害が及ぶ絞扼性(こうやくせい)腸閉塞になってしまうと、疝痛発作のように緩和が訪れることなく、激痛の発作が続いてしまいます。顔面は痛みにより色を失くし、冷や汗や寒気に襲われます。ショック状態に陥るため、医療機関ですぐに検査と処置を施す必要があるのです。現代人の多くが抱えるストレスも腸閉塞の原因になってしまう可能性が高いため、毎日便通が来るか、来ないなら何日おきに来るのかを把握しましょう。腸閉塞は自然には完治しないため、適切な処置を受けることが大切です。腸が破裂して傷ついてしまうと命の危険もあるということを認識しておくことが大切です。