糖尿病の治療は生活改善からSTART|病気との闘いにKO勝ちし隊

医者

肺がんの恐怖

肺がんは患者数が多く、発見されたときに進行しているケースも少なくありません。肺の細胞内の遺伝子を傷つけてしまうことでがん細胞は発生してしまうとされており、原因の代表格とも言えるものが喫煙です。勿論受動喫煙によっても肺がんの発症リスクは高まってしまいます。肺がんを患ってしまうと、咳や息切れ、息苦しさや胸の痛みなどが症状として現れます。しかし、肺がんは初期段階では軽い症状が多く、喫煙や風邪などが原因だろうと軽視してしまう傾向にあります。体重の減少や血痰などが起こっても、風邪による体調不良が原因で起こることだと自分の中で問題を解決してしまうのです。ですが、肺がんは風邪や気管支炎などに似た症状が現れるため、素人判断は危険と言っても良いでしょう。症状が続く場合、それが例え咳でも必ず医療機関を受診するようにしましょう。

がんは遺伝すると多くの人が思っていますが、元々生まれつき細胞が傷ついている人でがんを発症してしまう人はとても少ないと言えるでしょう。しかし、遺伝子の傷修復能力自体が低く、それが体質として遺伝してしまうことは考えられます。環境や生活習慣、食生活などが現代人のがん発症リスクを高めている可能性の方が圧倒的に高いと言えるため、生活リズムを整え、身体を労りつつ、定期的に検診を行なうことがとても大切なのです。患者数が多い肺がんは、レントゲンや血液検査、喀痰細胞診などで発見することができます。レントゲンはとても一般的な検査として知られていますが、喀痰細胞診は聞き慣れない検査でしょう。がん細胞があるかを痰から調べる検査なのですが、三回行なうことで発見の可能性を高めることができるとされています。そのため、肺がん検査として行なう場合には三日連続で行われます。これらの検査をして肺がんの可能性が色濃くなった場合には、更に細かい検査を行なうことになります。確定診断でがん細胞の病巣が発見されたら、転移の有無を調べて治療を進めることになるのです。